製作するのれんに防災加工をするメリット

のれんは店の看板代わりにすることが出来るものでも
ありますし、雰囲気作りをしてくれるものになりますので、
お店のイメージアップのためにも製作をしておくといいでしょう。

鮮やかな色のれん製作をするときには、自分の希望通りに
作り上げていくことが出来ますが、製作時には
防災加工は施すようにしておいた方がいいでしょうか。

防災加工をするためには、通常の納期よりも少し長く
時間がかかるようになりますので、急いでいる場合には
必要ないと考えてしまいがちです。

しかしできることならしておいた方がいいでしょう。
のれんを店外に飾る場合には、何らかのきっかけで
火がついてしまう可能性があります。配置の関係

例えば煙草による引火であったり、故意による
放火などをされてしまう危険性があるからです。

万が一のれんに火が付くようなことになってしまえば、
火事になりかねません。

火事になってしまえばお店全体に燃え移ってしまう
だけではなく、店内にいるお客様にも危険が
及んでしまうことになります。

しかも入り口付近で出荷をしてしまえば、逃げ道さえも
奪われてしまうことになりますので、とても危険なのです。

防災加工をしておくことによって、火が付きにくく
なりますので、安全を考えてしておいた方がいいでしょう。

しかしそれだけで安心しきっていてはいけません。
のれん製作から数年すればその効力は薄れていくように
なりますし、雨でぬれることが多ければ効果が
落ちてくることになりますので、過信はし過ぎない
ようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)